聞く度毎に売価の変わる若林君【洒竹文庫及び和田維四郎氏13】

  • twitter
  • facebook
  • 聞く度毎に売価の変わる若林君【洒竹文庫及び和田維四郎氏13】

    村口 それはまああの通り若林という人は、朝から酒を飲んでいる人で、品物を買いに行って値段を訊いても一遍でそいつを買っちゃいけないといわれていた人です。ともかく一度値段を訊いて、それはそのままにして置いて、また何か他の物を見る。そうして少し経ってから前のやつを、おいくらでしたっけねと、とぼけて訊く。す […]

  • 磯部屋と山本亡羊の蔵書【洒竹文庫及び和田維四郎氏12】

    村口 私はそのことはよく知っておりますが、これとても大体が受売りです。それより私が直接関係はしなかったが、跡始末をつけてやった山本亡羊(50)の話ですが、この山本亡羊の物を磯部屋の亀吉が京都へ買いに行ったんです。 ところが向うでは門人が本屋の主人公と知ってかなかなか売ってくれない。売ってくれないもん […]

  • 宗家の蔵書【洒竹文庫及び和田維四郎氏11】

    諏訪 今までお扱いになった本の中で、外に何か珍本というようなものを一つ……。 村口 余り多く扱っておりますので一々憶えてはおりませんが、今まででございますと、京都へ行って一万円で買いました「礼記」の巻子本というようなものでしょうか。 しかし金高の大きな物は割合に儲かりません。「藤波文書」は十万円とい […]

  • 和田氏の逝去【洒竹文庫及び和田維四郎氏10】

    村口 そうしますると、和田さんが大正九年十二月二十日にお亡くなりになりました。それと同時に私は岩崎文庫の御用も辞することになりました。 ところが和田さんの葬式がすんだ後で、高橋美章さんと私が呼ばれまして、「和田君が死んだから文庫の購入を止めるということは不合理であるから、今まで通りやって貰えまいか」 […]

  • 平成から令和へ。2019年をふりかえって

    平成から令和へ。2019年は皆様にとってどのような一年間だったでしょうか。 八木書店でもいろいろなことがありました。 この一年間を5つのトピックでふりかえります。   【トピック1】奈良絵本三昧!2度の展示会と講演会 2019年1月、個人蔵のコレクションをお借りし、厳選出品した展示会「奈良 […]

  • 扇面古写経と因果経【洒竹文庫及び和田維四郎氏9】

    村口 その内で「訪書余録」に載っている「扇面古写経(44)」。これは大変高いもので、京都に居った時、久原さんからも電話で相談があって「奈良の橋井さんの入札に扇面古写経が出るから、あれを是非取るように」というお話でした。 我々は「扇面古写経」は安いとは思っていないが、マア扇子一枚ですから二、三千円のも […]

  • 宋版「論語」と外国為替【洒竹文庫及び和田維四郎氏8】

    村口 それから文求堂さんの宋版の「論語」。これでは私は和田さんに叱られたのでなく、岩崎さんから叱られた。これは文求堂が悪いのではなく、私はその品物を聞いただけで見てないから無理もないのです。 事の起こりは「今度北京で『論語』の注疏のいいのを見て来たが、四千円というので、買い切れずに帰った」という話で […]

  • 近藤剛著『日本高麗関係史』要旨(日本語・ハングル)

    近藤剛著『日本高麗関係史』要旨(日本語) 著者は、卒業論文以来、日本と高麗との関係史について研究を進めてきた。この間、大韓民国高麗大学校への交換留学を実施し、韓国における研究についても可能な限り学び、本書を執筆した。 その上で、日本高麗関係史研究の課題として、次の4点を挙げたい。 ①日本高麗関係史の […]

  • 日本と高麗の関係を探る旅と出会い(開成中学校・高等学校教諭 近藤 剛)

    「こんな幸運に巡り合うことがあるなんて!」 九州国立博物館の収蔵庫内で、私は興奮を抑えきれずにいた。2017年に当館の所蔵となった鎌倉時代のものと考えられる古筆切「嘉禄三年高麗国牒状写断簡及按文」(以下「高麗国牒状写断簡」と称す)の冒頭一行目に衝撃を受け、次行以降に広がる未知の文言に目を奪われてしま […]

  • 南陽堂の宋版「文選」【洒竹文庫及び和田維四郎氏7】

    村口 それから楠林君(35)の家に宋版の「文選」があった。これを称して三万五千円といっていた。 話は聞いていたが、恐れをなして行きもしませんでしたが、京都の内藤湖南さんが見えて、楠林へ行って見て来られて、鉱山懇話会に和田さんをたずねられまして「楠林の家に宋版のいい『文選』があるが、村口がどうして見逃 […]