お知らせ

  • twitter
  • facebook
  • 好評につき重版出来 荒木仁朗『江戸の借金― 借りてから返すまで―』

    本年5月20日に刊行いたしました、荒木仁朗著『江戸の借金―借りてから返すまで―』が、好評につき重版となり、本日納品となりました。 江戸時代の借金は「口約束」からはじまった。大量に残された証文を読み解き、江戸時代のリアルな借金事情を明らかにします。近世古文書学などの文献史学はもちろん、アーカイブズ学、 […]

  • 鈴木正信『日本古代の国造と地域支配』

    鈴木正信著『日本古代の国造と地域支配』が納品となりました。 古墳時代から飛鳥時代にかけて地域を支配した国造をてがかりに、ヤマト王権の成立を解明した本です。国宝『海部氏系図』の研究・翻刻を付すなど、系譜研究にも寄与。ヤマト王権と豪族の実像を知る基本文献です。 以下URLから「試し読み」ができます。 h […]

  • 「日本古書通信」8月号(88巻8号)8月14日発売

    主要目次 川島幸希 「署名本の世界みたび」2 芥川龍之介『煙草と悪魔』久米正雄宛 塩村耕 旗本中野又兵衛の人間味ある日記 茅原健 雑誌『洪水以後』時代の荻原井泉水(上) 牧村健一郎 山尾庸三と明治2 萩から江戸へ 杜の都の古本屋いまむかし―昭文堂書店・斎藤鄭さんに聞く 土方正志 杜の都で本まみれ 三 […]

  • 【求人】 PAGES軽井沢店スタッフ募集(契約社員、パート・アルバイト)

    PAGES軽井沢店では一緒に働いていただける方を募集しています。 “書籍”に関する事業を手掛けている『八木書店』が2019年11月に長野県軽井沢町プリンスショッピングプラザにオープンした日本初アウトレットブックショップ “PAGES (ペイジズ)“ ☆ほとんどの商品が30%~ […]

  • Web東方に『日本漢籍受容史』の書評が掲載:評者 郭雪妮先生(陝西師範大学)

    東方書店が運営しております「Web東方」に、『日本漢籍受容史』の書評が掲載されました。 評者は、郭雪妮先生(陝西師範大学)です。 『日本漢籍受容史』評 郭雪妮 日本人にとって漢籍とは何か:域外漢籍研究の新局面 https://www.toho-shoten.co.jp/web_toho/?p=421 […]

  • 東方書店さん発行『中国を学ぶための入門書・ガイドブック』に『日本漢籍受容史』が選ばれ、掲載されました

    東方書店さん発行『中国を学ぶための入門書・ガイドブック』に、髙田宗平編『日本漢籍受容史―日本文化の基層―』が選ばれ、掲載されました。 本目録には、そのほかさまざまなおすすめ本が掲載されています。以下東方書店さんサイトからPDFでの電子版も閲覧いただけますので是非ご覧ください。 https://www […]

  • 「日本古書通信」7月号(88巻7号)7月14日発売

    主要目次 川島幸希 「署名本の世界」みたび1 北村透谷『蓬莱曲』戸川残花宛 牧村健一郎 山尾庸三と明治1 横浜同窓会 竹居明男 秋艸道人會津八一と正倉院―遺墨「金銀平文琴銘」短冊とその周辺 三好 彰 福沢諭吉がアメリカで出会った医者 三昧堂 昭和14年の『改造』を読む 高木浩明 古活字探偵事件帖7  […]

  • 重版出来『日本漢籍受容史―日本文化の基層―』

    おかげさまで、大変ご好評をいただき、初刷完売となっておりました『日本漢籍受容史―日本文化の基層―』の重版が納品となりました。 前近代の日本を理解するためには、漢籍を知ることが大切となります。あらゆる知識・情報の根源となった漢籍は、どのように受容され、日本文化に根付いたのか。 漢籍に関わる様々な分野の […]

  • 新本アウトレット『2023サマーセール』カタログ出来!

    八木書店総合営業部では、この度、バーゲンブック(新本アウトレット)の最新在庫カタログを発行いたしました。 新入荷品も多数含む1142点のアウトレットタイトルを掲載。 本文紙面も一新!買ってお得、見て楽しい目録です。 この機会にぜひご用命くださいませ。 (本の在庫に限りがございますので、お早めにお申し […]

  • 森公章校訂『史料纂集古記録編 第217回配本 参天台五臺山記2』

    本日、森公章校訂『史料纂集古記録編 第217回配本 参天台五臺山記2』が納品されました。 天台僧成尋の渡宋日記、史料纂集にて登場! 平安時代の僧侶が綴る古代中国・日本の社会の実情とは―― 【内容説明】 『参天台五臺山記』とは天台僧である成尋(1013~81)が11世紀後半に宋代中国を訪問した時の日記 […]

  • 『異聞 本能寺の変』が、テレビ朝日「謎解き!伝説のミステリー3時間SP」で紹介

    6/20(火)夜7時から放映されたテレビ朝日「謎解き!伝説のミステリー3時間SP」で、『異聞 本能寺の変―『乙夜之書物』が記す光秀の乱―』の著者・萩原大輔先生がご出演され、本書も紹介されました! 明智光秀と本能寺の変の真相に迫る一冊、番組の放送からより理解を深めるために、あわせてぜひご一読ください! […]

  • 『日本漢籍受容史―日本文化の基層―』重版決定【7/3納品予定】

    おかげさまで、大変ご好評をいただいている、『日本漢籍受容史―日本文化の基層―』の重版が決定いたしました。7/3納品予定となっております。 前近代の日本を理解するためには、漢籍を知ることが大切となります。あらゆる知識・情報の根源となった漢籍は、どのように受容され、日本文化に根付いたのか。 漢籍に関わる […]

  • 「日本古書通信」6月号(88巻6号)6月15日発売

    主要目次 川島幸希 宮沢賢治『鏡をつるし』 長谷川政國 小沢信男の合同句集『破竹集』 中央市会会長がらんどう有川里江さんに聞く最近の古書業界 加藤詔士 『田辺朔郎博士喜寿年譜』(1937)-お雇い教師H・ダイアーとの交流 高木浩明 古活字探偵事件帖6 異植字版とは何者か? 田坂憲二 吉井勇の読書生活 […]

  • 朝日新聞に『墨書土器と文字瓦』が紹介

    本日の朝日新聞朝刊(全国版)に吉村武彦・加藤友康・川尻秋生・中村友一編『墨書土器と文字瓦—出土文字史料の研究—』が紹介されました。 「墨書土器のあらましと研究の最前線を知ることができる。図版も大きく、読みやすい研究書になっている。」とあります。 以下、ウエブでも見られます(全文を見るには朝日新聞に登 […]

  • 佐々木虔一・笹生衛・菊地照夫編『古代の交通と神々の景観―港・坂・道―』

    本日、佐々木虔一・笹生衛・菊地照夫編『古代の交通と神々の景観―港・坂・道―』が納品となりました。 地方の社会・交通が生み出す祭祀の景観を復元 地域社会、環境、災害、港湾・坂・道路が神々に与えた影響とは 【内容説明】 ①古代日本の祭祀を交通の観点から検証 本書では港湾、坂・峠・境界、道路に注目。交通・ […]