お知らせ(出版部)

  • twitter
  • facebook
  • 新天理図書館善本叢書24 奈良絵本集 2

    【高精細カラー版】伝本の稀な室町末期から江戸極初期までの逸品に加え、多彩な作品群の中から優品24点を精選し全8巻に収録! 第2回配本が納品、刊行となりました! 本巻には、伝本の少ない『舟のゐとく』『常盤の嫗』、『一寸法師』に先行し『物くさ太郎』に共通する要素が注目される『小男の草子』3種(室町末写『 […]

  • 近刊パンフレットができました

    以下4点の近刊パンフレットができあがりました。 ウェブでも公開しておりますので、ぜひご覧ください。 【2月25日刊行】古代東アジア世界史論考―改訂増補 隋唐の国際秩序と東アジア― https://catalogue.books-yagi.co.jp/books/view/2200 金子修一著 本体予 […]

  • 2月の刊行予定

    今月、以下の3点を刊行いたします。各種パンフレットもご覧いただけます。 ご期待下さい! 【2月25日刊】古代東アジア世界史論考―改訂増補 隋唐の国際秩序と東アジア― https://catalogue.books-yagi.co.jp/books/view/2200 金子修一著 本体予価11,000 […]

  • 【展示会】奈良絵本を見る!

    新天理図書館善本叢書「奈良絵本集」刊行を記念し、個人蔵コレクションより厳選出品の展示会「奈良絵本を見る!」を開催いたします。(入場無料) 室町、安土桃山時代から江戸中期にかけて作られた彩色絵入りの奈良絵本。その数は5千点以上になると言われています。本展では、貴重な個人蔵コレクションから30点を厳選し […]

  • 【講演会:受け付け終了】「奈良絵本は面白い!」

    2019年1月20日に開催を予定しております講演会「奈良絵本は面白い!」は、 お申し込みが定員に達しましたので、受け付けを終了させていただきます。 多数のお申込みをいただき、ありがとうございました。 ◆講演の詳細はこちら https://company.books-yagi.co.jp/archiv […]

  • 尊経閣善本影印集成 第8輯 平安古記録が完結/第9輯 鎌倉室町古記録の刊行開始決定

    本日、尊経閣善本影印集成第64冊「小右記9」が納品となりました。今回は、万寿4年(1027)・長元元年(1028)の本文のほか、原本調査をふまえた詳細な解説(加藤友康執筆)を収録、さらに附録として加賀藩五代藩主前田綱紀が諸所と往復した書状の写しを宛先毎に整理した「書札類稿」のうち、小右記に関わる箇所 […]

  • 【講演会開催】奈良絵本は面白い!

    【お申し込みが定員に達し、受付を終了いたしました】 貴重な初期奈良絵本を中心に、多彩な優品24点を収録する高精細カラー版「新天理図書館善本叢書」第4期の出版を記念し、講演会「奈良絵本は面白い!」を開催いたします。 入場無料・先着200名様(要申し込み) 【奈良絵本とは】 室町時代後期から江戸時代中期 […]

  • 『黒塚古墳の研究』がNHKほか各種メディアで紹介

    10月9日、著者である奈良県立橿原考古学研究所で記者発表があり、新刊『黒塚古墳の研究』が各メディアで紹介されました。その後も続々と紹介されております。 ●NHK(奈良) 黒塚古墳かっちゅうに鹿の毛皮か|NHK 奈良県のニュース(2018年10月9日) ●共同通信配信記事(2018年10月10日、北海 […]

  • 秋の学会出展予定

    八木書店は下記の日程で学会に出展予定です。 書籍の展示販売のほか、近刊書の内容見本などを多数ご用意しております。 学会にお越しの際には、お気軽にお立ち寄りください。 【10月13日(土)・14日(日)】※終了しました ・日本史研究会(於:佛教大学) 学会詳細:http://www.nihonshik […]

  • 奈良県立橿原考古学研究所編 『黒塚古墳の研究』

    予約をいただいておりました皆様、大変お待たせを致しました。本日、奈良県立橿原考古学研究所編『黒塚古墳の研究』が納品となりました! 本書は、初期ヤマト王権の謎を解く鍵となる奈良県天理市の黒塚古墳の報告書です。 未盗掘の前方後円墳から34枚の銅鏡が埋葬当時のまま出土するほか、大量の埋葬品など貴重な情報を […]