お知らせ(出版部)

  • twitter
  • facebook
  • 史料纂集古記録編第197回配本『経覚私要鈔』第10

    史料纂集古記録編第197回配本として『経覚私要鈔』第10が納品されました。 本書は、昭和46年に続群書類従完成会で刊行がはじまり、第7以降は八木書店が刊行を継続してまいりました。本日、48年かかって漸く本文が完結いたしました。 ■史料纂集古記録編第197回配本『経覚私要鈔』第10 https://c […]

  • 尊経閣善本影印集成62 小右記7

    藤原氏全盛期の平安中期の基本史料を【高精細カラー版】で提供! 小右記は、平安時代中期の公卿、藤原実資(九五七?一〇四六)の日記です。著者の出自と政治的位置とに伴う情報の豊かさと正確さ、それを記録する意欲の強さと表現能力の高さを兼備し、貴族の日記として代表的であるだけでなく、平安中期の基本的な史料とし […]

  • 春の学会 出展情報

    八木書店は下記の日程で学会に出展予定です。 書籍の展示販売のほか、近刊書の内容見本などを多数ご用意しております。 学会にお越しの際には、お気軽にお立ち寄りください。 【5月13日(日)】*終了* ・訓点語学会(於:京都大学文学部キャンパス) 学会詳細:http://kuntengo.com/conf […]

  • 2020年NHK大河ドラマの主人公「明智光秀」を知る最良の本

    2020年のNHK大河ドラマの主人公は、明智光秀に決定しました。 NHK大河ドラマを見る前に読むべき本として、小社刊行『史料で読む戦国史』シリーズの2冊『証言 本能寺の変』『明智光秀』をおすすめします。 明智光秀や本能寺の変の書籍はあまたあれど、関連史料を網羅して収録しているのはこの2冊だけ。 ぜひ […]

  • 日本書紀の誕生―編纂と受容の歴史―

    来る2020年、日本最初の「正史」日本書紀は、編纂から1300年を迎えます。 この節目の年を目前にして、日本書紀の編纂はどのようになされ、またその後1300年もの間、どのように読み継がれたのかを学問的に再検証したのが、本書『日本書紀の誕生―編纂と受容の歴史―』になります。 「1300年にわたる編纂と […]

  • 類聚名義抄 観智院本 1 仏(新天理図書館善本叢書 第9巻)

    国宝『類聚名義抄観智院』の高精細カラー版1冊目が本日納品となりました。初めてのオールカラー版、かつ迫力の原寸大影印です。ぜひ図書館・研究室にお備えください。 *本書の詳細・ご購入はこちら 類聚名義抄 観智院本 1 仏(新天理図書館善本叢書 第9巻) https://catalogue.books-y […]

  • 『近代歌舞伎年表 名古屋篇第12巻』本日納品!

    『近代歌舞伎年表 名古屋篇第12巻 大正10年~大正11年』が、本日納品になりました。 近代歌舞伎年表 名古屋篇 第12巻「ひろいよみ」 当時の名古屋の劇場は、喫煙をはじめとした衛生環境の悪さ、建築面での不備等という施設面での問題を抱えており、東京の帝劇の近代化された客席を羨む者もいたようです。一方 […]

  • 国宝『類聚名義抄 観智院本』高精細原寸カラー版、三つの特長

    仏・法・僧の全3巻を2018年4月・8月・10月に刊行します。 三つの特長で、唯一無二の完本を机上におくがごとくに活用できます。 既存の複製での隔靴掻痒感を払拭する決定版を是非お備えください。   特長その1:オールカラー版 初めてのオールカラー版で朱墨識別は一目瞭然、擦消し訂正や補修の様 […]

  • 小社刊行の『源氏物語』2種(池田本・定家本 行幸)が重要文化財に同時指定

    本日、小社で影印(写真複製)刊行の『源氏物語』2種について、国指定の重要文化財に指定されることが文化庁より発表されました。 ■文化庁サイト(報道発表資料・PDFファイル) リンクはこちら ■報道発表資料 PDFファイル27頁 「① 源氏物語行幸一帖 げんじものがたり みゆき 【所有者】国(文化庁保管 […]

  • 国宝『類聚名義抄 観智院本』高精細原寸カラー版、いよいよ4月刊行開始!

    唯一無二の完本を、初のオールカラー版、初の原寸影印で刊行します。 朱墨識別は一目瞭然、既存の複製での隔靴掻痒感を払拭する決定版を是非お備えください。 刊行に先立ち詳細パンフレットを作製しました。原寸大の本文見本他、小社刊旧版(モノクロ網目版)との版面比較、検索性の向上、カラー版だから読み取れる原本情 […]