お知らせ(2019年12月)

  • twitter
  • facebook
  • 2019年の1年間に刊行した28冊を一覧にしてみた

    2019年1月から12月まで、1年間に28冊を刊行しました。 こちらがその一覧です。 【12月25日】小泉宜右編『史料纂集古記録編 第206回配本 経覚私要鈔11』 https://catalogue.books-yagi.co.jp/books/view/2212 【12月24日】天理大学附属天理 […]

  • 年末年始休業に伴う営業・発送の御案内

    【年末年始休業に伴う営業・発送の御案内】 誠に勝手ながら12/29(日)から1/5(日)までを冬季休業とさせて頂きます。 その間メールの対応や商品の発送作業など全ての業務が停止致します。 12/27(金)午前中までに御注文が確定もしくは決済が完了しました商品は年内に発送致します。 12/27(金)正 […]

  • 1月号 2019年12月28日発売

    主要目次 川島幸希「極美本とは」 石川 透「奈良絵本・絵巻の研究と収集4-居初つな筆本について」 中島国彦「署名本という世界の奥深さ」 豊島正憲「能楽書蒐集の思い出1」 真田幸治「小村雪岱装幀本雑記4」 真田幸治「小村雪岱装幀本一覧(4)」 岡崎武志「昨日も今日も古本さんぽ111  熊本から福岡へ」 […]

  • 12月号 2019年12月13日発売

    主要目次 石川 透「奈良絵本・絵巻の研究と収集3 浅井了意筆本について」 竹居明男「明治時代末期の奈良市での学校生活」 宮尾與男「江戸戯画とその周辺11」 廣畑研二「『林芙美子全文業―未完の放浪―』補遺」 真田幸治「小村雪岱装幀本一覧(3)」 樽見 博「荻原井泉水著書目録抄(下)」 小田光雄「古本屋 […]

  • 『明治大学図書館所蔵 高句麗広開土王碑拓本』が歴史評論にて紹介

    『明治大学図書館所蔵 高句麗広開土王碑拓本』が、『歴史評論』2020年1月号(第837)にて、植田喜兵成智氏執筆の紹介記事が掲載されました。 紹介記事に次のようにあります。 「拓本と釈文を一文字ごとにたいおうさせたものや、複数の拓本を見比べられるシステムはなかった。本書の試みは、拓本の種類ごとの差異 […]

  • 【講演会開催】新天理図書館善本叢書 第5期 刊行記念

    【中止のお知らせ】新型コロナウイルス感染予防の観点から、下記全3回の講演会を中止いたします。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。(2020年4月2日) 高精細カラー版『新天理図書館善本叢書』第5期・連歌俳諧(全6巻)の刊行を記念して、講演会を開催いたします。 天理図書館に所蔵された名品の数々 […]

  • 2019年12月刊行予定

    【12月15日刊行予定】『近世演劇の享受と出版』 https://catalogue.books-yagi.co.jp/books/view/2203 大橋正叔著 本体11,000円+税 新たな検証による従前説の訂正を迫る「浄瑠璃史における貞享二年」や近世文学・演劇についての文学史的な視座からの刺激 […]