お知らせ(2021年5月)

  • twitter
  • facebook
  • 明治大学図書館所蔵 三条西家本 除目書

    本日、明治大学除目書刊行委員会編(田島公・末柄豊・牧野淳司・南保勝美)『明治大学図書館所蔵 三条西家本 除目書』が納品となりました。 本書では、後三条天皇自撰の除目の儀式次第・作法を書いた、幻の儀式書『除秘鈔』(『院御書』の除目儀部分)の影印・翻刻・解説を付して全貌を初公開します。 また九条家流の故 […]

  • 蔗軒日録・盲聾記(尊経閣善本影印集成76 第九輯鎌倉室町古記録 9回配本)

    尊経閣善本影印集成76 第九輯 鎌倉室町古記録の第9回配本「蔗軒日録・盲聾記」が納品となりました。 蔗軒日録は、室町時代中期の禅僧、季弘大叔(一四二一~八七)の日記です。文明十六年~同十八年(一四八四~八六)が現存します。応仁・文明の乱当時の堺や遣明船に関する記述や、連歌師宗祇との交遊など、政治・社 […]

  • 馬と古代社会

    佐々木虔一・川尻秋生・黒済和彦編『馬と古代社会』が納品となりました。 馬はどのように渡来し、社会に浸透したのか。馬文化の渡来、生産・飼育、交通、祭祀、儀式など、古墳時代から摂関期まで、日本考古学・文献史学を中心に、動物考古学、日本文学など、隣接する諸分野と多角的に検証しました。 所収論考の試し読みは […]

  • オンラインでの学会書籍展示

    新型コロナウィルスの影響で、今年の春の学会の多くはオンライン開催となりました。 それに伴い、例年行っている書籍の「学会展示販売」も下記の通りオンラインで実施させていただく運びとなりました。 各学会関係者の皆さまに厚くお礼申し上げます。 八木書店以外の出版社もさまざまな工夫を凝らしながら、多数参加して […]

  • 「日本古書通信」2021年5月号(5月14日発売)

    主要目次 特集 八木書店古書部 近代日本文人の葉書10 折付桂子 東日本大震災から一〇年-復興の現状と東北の古書業界(上) 本と人 門井慶喜 本の引っ越し 伊能秀明 孤高の儒者 西山元文-対馬に生まれ、九十九里に没す 古川富章 山頭火絶筆日記は偽筆だった(後編) その検証と筆跡鑑定結果 大野隆司 鯛 […]

  • 臨時休業のお知らせ

    緊急事態宣言の発令と、東京都からの休業の協力依頼を受けまして、4月25日から5月31日まで、店舗営業を休ませていただきます。電子メール、ファクシミリ等での御注文につきましても、種々の要因により遅延が発生することが予想され、皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜ります […]

  • 新刊・近刊チラシができました

    新刊・近刊チラシが出来上がりました! ウエブサイトでもご覧いただけます。   明治大学図書館所蔵 三条西家本 除目書 明治大学除目書刊行委員会編【田島公・末柄豊・牧野淳司・南保勝美】 2021年5月31日刊行予定 本体予価15,000円+税 https://catalogue.books- […]