お知らせ(日本古書通信)

  • twitter
  • facebook
  • 「日本古書通信」2月号(84巻2号)1月15日発売

    主要目次 新連載 書肆聚精堂の刊行書・補遺―書架蔵三点              竹居明男 大正生れの二人の戯曲作家                    川和 孝 北斎『東遊』に描かれた江戸の名所12 王子海老屋         鈴木淳 初版本蒐集の思い出 川島幸希さんに聞く2 旺文社文庫クロニク […]

  • 『暇つぶしはシェイクスピアで 読書清遊』刊行 (日本古書通信社)

    『暇つぶしはシェイクスピアで 読書清遊』刊行 本体5500円(+税・送料510円) 川田正美著 A5判、554頁 クロース裝 貼函 W.Shakespeareの日本語表記418種や、W.k.Rontogenの片仮名表記(漢字表記2点を含む)29種を、広く古書を渉猟して突きとめるなど全頁考証癖横溢の快 […]

  • 「日本古書通信」1月号(84巻1号)12月28日発売

    主要目次 新連載 初版本蒐集の思い出―川島幸希望さんに聞く1 古書資料館の蔵書1 大檀林の蔵書票   小此木敏明 パスポートと入館証、準備よし1      川口敦子 本と人 葉山嘉樹とセルバンテス『ドン・キホーテ』の共通性 大崎哲人 旺文社クロニクル2           田坂憲二 昨日も今日も古本 […]

  • 「日本古書通信」11月号(83巻11号)11月15日発売

    主要目次 『漱石遺墨』というスフィンクス  中島国彦 碩学の若き日の「楽書」―野間清六と大塚久雄  竹居明男 挿絵画家初山滋との出会い  千森幹子 平田禿木をめぐる人々 嘉納治五郎  小林信行 国会図書館デジコレで読む古文書11 緒方洪庵の手紙  大沼宜規 小村雪岱の知られざる雑誌表紙絵12  真田 […]

  • 「日本古書通信」10月号(83巻10号)10月15日発売

    主要目次 特集・東北の古本屋5 福島県                        折付桂子 本と人 「記録された日本美術史 相見香雨・田中一松・土井次義の調査ノート展」について 児島薫 みすず書房「現代史資料」1~3ゾルゲ事件1~3の原本を発見する        船橋治 中野好夫著書目録2 翻訳 […]

  • 「日本古書通信」9月号(83巻9号) 9月14日発売です

    主な内容 連載 札幌版「春琴抄」特製本                 山中剛史 堀悌吉中将の失脚について                渡辺 滋 北斎の折本『絵手本』に出会う―国内唯一の伝本か     宮尾與男 晶子と豪傑-神奈川県立近代文学館と横須賀美術舘     田坂憲二 中野好夫著書目録1研 […]

  • 8月号 8月13日発売 定価720円(送料78円)

    8月号 8月13日発売 定価720円(送料78円) 主要目次 特集・東北の古本屋4青森県・秋田県   折付桂子 『心』の初版は何部か   川島幸希 1945年特攻隊員を身内に持った終戦直前の市民の記録   ゆりはじめ 日本に移入されなかった「写真手帖」=『死との契約』   船橋治 椎名麟三の処女戯曲 […]

  • 6月号 6月15日発売 定価720円(送料78円)

    6月号 6月15日発売 定価720円(送料78円) 主要目次 特集・東北の古本屋2 宮城県1  (本誌・折付桂子) 不思議な邂逅            太田正弘 ガリヴァーとオリエント       千森幹子 近世戯画の動物 国芳の猫絵     宮尾與男 明治大正持続する書物3「小公子」  多田蔵人 […]

  • 『日本古書通信』5月号 5月15日発売

    5月号 5月15日発売 定価720円(送料78円) 主要目次 特集・東北の古本屋1-岩手県          折付桂子 夏目漱石とスコットランド―新発見の葉書     川島幸希 「夢幻航海」通信より(上)           岩片仁次 民権左派思想家・文海説の検討          堀部功夫 広津和 […]

  • 日本古書通信 4月号 4月14日発売

    4月号 4月14日発売 定価720円(送料78円) 4月号主要目次 梅田書房版『月と狂言師』               山中剛史 『東北大勢論』がヒットした              茅原 健 江戸戯画の顔絵―百面相・百色面相・顔尽くしの世界   宮尾與男 廃娼・女性解放主張者文海説の検討     […]