お知らせ(出版部)

  • twitter
  • facebook
  • オンライン講座:連歌Q & A第2回【後編】下絵を「読む」公開

    ●新天理図書館善本叢書完結記念オンライン講座 連歌Q & A第2回「連歌懐紙とは?【後編】下絵を「読む」」 能阿自筆の名品『集百句之連歌』などの下絵について具体的にわかりやすく解説。『集百句之連歌』については、監修尾崎千佳先生による新知見(源氏物語との関連)も見どころです。また、紹巴の時代に […]

  • オンライン講座:連歌Q & A第2回「連歌懐紙とは?」前編公開

    ●新天理図書館善本叢書完結記念オンライン講座 連歌Q & A第2回「連歌懐紙とは?【前編】その書式と構造」 連歌懐紙の書式と立体的な構造について、懐紙三折の原装で伝存した名品「水無瀬三吟」の図版を用いてわかりやすく解説。芭蕉『奥の細道』旅立ちのエピソードにも、懐紙の使われ方が如実に表れている […]

  • ALL REVIEWS書評:傑作に潜む蠱惑的な謎 ―上田秋成『春雨物語』の新出自筆本―

    飯倉洋一先生(大阪大学教授)による『天理図書館所蔵 春雨物語―羽倉本・天理冊子本・西荘本―』の書評が、ALL REVIEWSとYahoo!ニュースで配信されました。 飯倉洋一「傑作に潜む蠱惑的な謎 ―上田秋成『春雨物語』の新出自筆本―」 ●ALL REVIEWS https://allreviews […]

  • 『楽只堂年録』が『日本経済新聞』で紹介

    『楽只堂年録』が、『日本経済新聞』(2021年7月7日号)で紹介されました。 本記事はWebでも閲覧可能です(記事の閲覧には会員登録が必要です)。 記事タイトル:柳沢吉保は滅私奉公の文化人だった 徳川5代将軍綱吉の側用人 日記229巻を翻刻 宮川葉子 https://www.nikkei.com/a […]

  • 『天理図書館所蔵 春雨物語―羽倉本・天理冊子本・西荘本―』が西日本新聞で紹介

    『天理図書館所蔵 春雨物語―羽倉本・天理冊子本・西荘本―』が西日本新聞(2021年6月29日号)で紹介されました。 本記事はWebでも閲覧可能です(記事の閲覧には会員登録、アプリのダウンロードなどが必要です)。 記事タイトル:「上田秋成「春雨物語」新たな自筆本 奈良の図書館、最晩年の原稿か」 htt […]

  • 『馬と古代社会』が中央競馬会発行の月刊誌『優駿』で紹介

    『馬と古代社会』が、中央競馬会発行の月刊誌『優駿』(2021年7月号)で紹介されました。 書店でごらんいただければ幸いです。 馬と古代社会 佐々木虔一・川尻秋生・黒済和彦編 本体8,000円+税 初版発行:2021年5月25日 A5判・上製・カバー装・568頁+カラー口絵8頁 ISBN 978-4- […]

  • C.R.ボクサー原著/高瀬弘一郎訳『キリシタン世紀の日本』

    本日、C.R.ボクサー原著/高瀬弘一郎訳『キリシタン世紀の日本』が納品となりました。 英国人ボクサーのキリシタン通史の名著を日本語翻訳 葡・西・蘭・仏・日など諸国語の膨大な原史料と研究を読み解き、大航海時代の歴史を広い視野から透徹した名著が、日欧交渉史の泰斗による日本語翻訳版で初刊行! ■試し読みも […]

  • 『新天理図書館善本叢書』完結にあたって(岡嶌偉久子/ビブリア155号)

    天理図書館報「ビブリア」155号(2021年5月)に「『新天理図書館善本叢書』完結にあたって(岡嶌偉久子)」が掲載されました。 本叢書の主旨について端的にご紹介いただいております。 「 現代は、デジタルアーカイブが急速に進展・普及している時代でもあります。この度の影印複製叢書は、画像の色調の固定・確 […]

  • オンライン講座:連歌Q & A第1回「連歌とは?―その面白さについて―」公開

    このたびYouTube八木書店出版チャンネルを開設し、下記を公開いたしました。 ●新天理図書館善本叢書完結記念オンライン講座 連歌Q & A第1回「連歌とは? ―その面白さについて―」 【監修】尾崎千佳(山口大学准教授) 【図版原本所蔵】天理大学附属天理図書館 https://www.tc […]

  • 書評サイトALL REVIEWS掲載一覧(2021年6月現在)

    これまでALL REVIEWSに掲載された記事をまとめました。 応仁・文明の乱ののち、経済的に困窮する朝廷と権力の凋落が著しい足利幕府とのせめぎあい!? 『守光公もりみつこう記き2』史料纂集古記録編 【書き手】鶴崎裕雄 https://allreviews.jp/review/5519 公家と武家の […]