• twitter
  • facebook
出版部

印刷所の仕事1 作業工程【活版印刷の基礎知識3】

入稿された原稿の印刷所での作業工程は、

文選→植字→校正出校→赤字訂正→印刷→検品→製本所へ納品

というのが基本である。

校正作業は通常、3回繰り返されるのが基本で、印刷工程に進む。

4回以上は念校、念々校と呼び、追加料金が請求されることがある。

雑誌の場合は、時間の制約が書籍より厳しいため、そのかぎりではない。

なお、校正時に大量の訂正(赤字)が入った場合は追加料金請求の対象となる。

(出版部・T)

『近代文学草稿原稿研究事典』埋草(八木書店作成)より転載

column_insatsu2