• twitter
  • facebook
出版部

『歌舞伎とは いかなる演劇か』著者・武井協三先生の対談、『東京人』に掲載

 

『歌舞伎とは いかなる演劇か』著者・武井協三先生が、エッセイスト・酒井順子様さんと対談をされ、『東京人』(2018年1月号)に「対談 歌舞伎は嫌い?!だけど面白い」というタイトルで記事が掲載されました。本記事では、『歌舞伎とは いかなる演劇か』についてもふれています。

本書『歌舞伎とは いかなる演劇か』は朝日新聞、読売新聞、毎日新聞でも大きく取り上げられ、話題となっております。ぜひご覧下さい。


武井協三著『歌舞伎とは いかなる演劇か』
https://catalogue.books-yagi.co.jp/books/view/2156

『歌舞伎とは いかなる演劇か』朝日新聞で紹介「研究半世紀 ようやくできた果実」
https://company.books-yagi.co.jp/archives/news/3907

『東京人』
http://www.toshishuppan.co.jp/tokyojin.html