• twitter
  • facebook
出版部

『歌舞伎とは いかなる演劇か』朝日新聞で紹介「研究半世紀 ようやくできた果実」

新刊できあがり日の武井先生

9月7日の朝日新聞夕刊に『歌舞伎とはいかなる演劇か』の記事が、著者武井協三先生の写真入りで掲載されました。読売新聞書評欄「記者が選ぶ」・毎日新聞の「渡辺保氏書評」に続く紹介記事となります。近年人文系学術書で三大紙がこぞって取り上げるというのは珍しいことだと思います。本そのものの持つの力と学術レベルを落とさずに読みやすさを追求した文体が、受け入れられたのだと思います。
http://www.asahi.com/articles/DA3S13122413.html

本書は読売新聞・毎日新聞でも紹介されました。あわせてご覧下さい。
○毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170730/ddm/015/070/031000c
○読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/column/press/20170724-OYT8T50092.html


【6月新刊】武井協三著『歌舞伎とは いかなる演劇か』
https://catalogue.books-yagi.co.jp/books/view/2156