• twitter
  • facebook
奈良絵本私考(反町茂雄)

奈良絵本の美 【反町茂雄「奈良絵本私考」8】

奈良絵本の美は、奈良絵の美と、文字の美と、料紙、特に下絵の美と、装潢の美とに分けられるでしょう。しかし、主体は奈良絵で、これに次ぐものは料紙・下絵であります。書と装潢とは、特筆すべき程の重さを持つものではないと愚考しております。

 

私は美学について、又美術史についても、多く語る資格を持たぬものですから、ここでは素人らしい感じを申し述べるに止めます。奈良絵の美しさについても、前期と後期とを、ハッキリ区別した方が理解し易いと思います。

前期の中心をなすものは、古朴・古拙・稚拙等の美感であります。稚拙は或は「面白さ」というべきかも知れません。後期においては、多色美・形式美、それに、妙な言葉ですが、総合未分美(過渡期のものの持つ美)等が目立ちます。後期では朴実とか古拙とかの感じは見当たらず、稚の面白さも消え去りました。

具体的に2、3の例を記しましょう。前記の古朴の美を代表するものは、天理の別本鼠の草子絵巻(同館の古奈良絵本集第1所収)であり、チェスター=ビーティー目録No.2の伊勢物語であり、スペンサー=コレクションの岩屋の草紙(No.47)【図】、日本民芸館のつき島等の挿絵がそれでしょう。杭全神社の熊野の本地(芸術新潮昭和51年6月号所載)、慶応大学の藍染川(同上)、天理の天神縁起(天理善本叢書第1集)花鳥風月(同第2集)等は、古拙の美を表現しております。稚拙の面白味は、スペンサー=コレクションの小あつもり(No.43)【図】、天理の慶長12年(1607)の小男の草子(第1集)・ひだか川(同上)等に顕著に見られます。

後期に移りますと、整美の奈良絵本の多くを蔵するのはチェスター=ビーティー=Lで、ここの蔵品の一特徴です。そのNo.5の舞の本、伏見常盤及び笛の巻、No.6大江山絵巻、No.10十二類歌合絵巻等は、ほぼ同時代の土佐派の再興者土佐光起・住吉具慶等の名手を髣髴せしめる体の、整美な作品であります。スペンサー=コレクションのNo.56伊勢津八幡宮祭礼絵巻【図】、No.65鼠の草子絵巻【図】、家蔵の北野通夜物語等も、ハッキリとこの類に属しましょう。色彩美を代表するものとしては、チェスター=ビーティーのNo.4村松物語絵巻が典型的で、金銀泥を加えた多色の濃麗は、披閲する人為に、豪華絢燗そのものの感じを与えます(チェスター=ビーティー目録表紙の図版参照)。同じくNo.16嵯峨祭絵巻、No.17山王祭絵巻等もこの類で、この種の実例は他にも豊富であります。総合未分美と申しますのは、熟さぬ言葉でありますが、土佐派を主体としながら、狩野派・雲谷派の手法を加え、光悦・宗達派などの影響をも受けて渾成されたと思われる、チェスター=ビーティーのNo.4村松物語の如きを指します。これは伝岩佐又兵衛の諸画跡、或は初期肉筆浮世絵と通う所多く、やがては新しい浮世絵派に発展する活力を内包するのでしょう。奈良絵本としては数は多くありませんが、注目すべきものと考えられます。

 

前期・後期を通じて、奈良絵の美の第1は色彩であります。これこそ、宗教画を別にすれば、日本美術史上、特筆すべき独自のもので、その強烈さ、画面を蔽う体当たり的な迫力は、比類の少ないもの。前にもふれました様に、遠く類例を求めれば、ペルシャ・インド・トルコ等のミニエーチャーと、色感が酷似しております。

ヨーロッパ諸国の古いイルミネーテッド=マニュスクリプトは、その題材の多くを新旧約の聖書、又は聖徒伝等の内に得ておりますが、色彩感においては殆ど同一であります。強い色彩は、強い生命力・生活力を表現する、ものなのでしょう。

小さなむすび

奈良絵本の価値は、その美しさにのみ留まらず、国文学の資料として重要で、その内には、古写本・古版本にはなく、奈良絵本によってのみ伝えられた、稀観の作品のかなりが発見されました。また、特に前期のものは、中世文学のテキストとして、校勘に益のあることはいうまでもありません。それは国文学の専門のお方々によって、今後益々広く顕彰されることでしょう。

 

書物史・書誌学の方面から見ますと、奈良絵本は色彩感の豊かな挿絵を主体に構成された書物で、日本の書物史上、ユニークな善本であります。同時に世界の絵入本史上、堂々と關歩すべき国粋(チャンピョン、ひろい、善い意味の)でもあります。この方面での研究は大いに望ましいことであります。

 

絵としての価値については、淡白を愛好し、強い色彩を卑俗と見なし勝ちの、旧来の日本の美術史家・鑑賞者の好みに合わず、これまで不当に軽視された感じでありますが、これは戦国及び江戸初期の日本人の活力、新しい支配者たる武強の士人と、平俗の庶民の好みに合せて産まれた、非貴族的な、しかしオリジナルな芸術として、世界的に再評価されて然るべきものがあり相に感じられます。

ペンシルベニア大学のバーバラ=ルーシュ教授の主唱で、奈良絵本の国際研究会議が、2年にまたがって開催されたことは、この再評価の始動力になるであろうことを期待しております。(了)


■著者:反町茂雄(1901-1991)

古書籍商 弘文荘(古書肆)店主。新潟県長岡市生まれ。東京帝国大学卒業。昭和2年、26歳で神田神保町の古書店一誠堂に勤務。昭和7年独立して古書肆弘文荘を創業し、多くの善本・稀書を蔵する天理図書館の蒐書事業に関わる。著書に『定本 天理図書館の善本稀書 一古書肆の思い出』(八木書店、1982年)、『蒐書家・業界・業界人』(八木書店、1984年)、『日本の古典籍 その面白さ、その尊さ』(八木書店、1984年)、『紙魚の昔がたり 昭和篇』(編著、八木書店、1987年)、『紙魚の昔がたり 明治大正篇』(編著、八木書店、1990年)、『一古書肆の思い出』(全5巻、平凡社、1986-92年)など。反町茂雄が作成した古書の販売目録『弘文荘待賈古書目』貴重書の内容・価格がわかる貴重な書誌学の資料。ジャパンナレッジLib『Web版 弘文荘待賈古書目』で配信中。


■本コラムの初出は、反町茂雄著『本の古典籍 その面白さ その尊さ』(1984年、八木書店)です。
https://catalogue.books-yagi.co.jp/books/view/2059

「奈良絵本私考」をのせる反町茂雄『日本の古典籍』


■関連イベント

【展示会】奈良絵本を見る!

新天理図書館善本叢書「奈良絵本集」刊行を記念し、個人蔵コレクションより厳選出品の展示会「奈良絵本を見る!」を開催いたします。(入場無料)

室町、安土桃山時代から江戸中期にかけて作られた彩色絵入りの奈良絵本。その数は5千点以上になると言われています。本展では、貴重な個人蔵コレクションから30点を厳選し、黎明期から末裔期まで、およその時代順に奈良絵本の変遷をたどります。原本をご覧いただき奈良絵本の魅力をお楽しみください。

 

<会期>2019年1月10日(木)~1月26日(土)
<展示会開催時間>10時~入場17時まで
<定休日>日曜・祝日※1/20(日)は臨時開催します(19時まで)
※入場無料です。
<場所>八木書店 古書部3階
住所:東京都千代田区神田神保町1-1階