• twitter
  • facebook
奈良絵本私考(反町茂雄)

つくった人、描いた人たち  【反町茂雄「奈良絵本私考」4】

1)前期(寛永以前)

少々武断的ですが、結論を先に記しますと、前期(寛永以前)においては、生産者は主として京都及び堺の扇屋、後期(寛永以後)では、生産者は主として京都の新興の書籍業者(出版・販売、及び一部分古書を兼業)だったのでしょう。

執筆したのは、前期には土佐派を学んだ画師、画扇描きの技工(職人)。絵仏師の手になるものも多少はありましたでしょう。素人絵も確かにあります。後期においては、多くは書肆(新興の)に従属する技工、これには上下の段階があった様です。扇屋もつくったでしょう。土佐派の画人も描いたと推量されます。素人は殆ど描いていない様です。

以上は主として今日伝存している数多くの奈良絵本を観察しての、1つの結論であります。

 

古来、日本の画家の生活は、主として支配階級及び宗教団体に依存していました。上代から中世末まで、大体そうでした。欧州諸国でも事情はほぼ同様であります。

公家、大きな寺社、あるいは有力な武家によって、生活を保証されて来ました。15世紀中頃以後、17世紀はじめまでは、公家と寺社とは衰微して、画家を扶養する力はなく、一方、上位の武家の地位は不安定で、永続性を欠いていました。保護者を喪失した画人の日常生活は甚だ不自由で、技能の修練も怠り勝ちでした。文学・美術は、平和と豊かな物質的基盤を必要とします。絵画も例外ではありません。

この時代の土佐派の内に、金岡や鳥羽僧正や、信実・慶恩の筆技を見出せないのは当然であります。糧を得る必要に迫られた絵師たちは、下った技能を廉価に売ることを余儀なくされました。手近かにあった大きな向け口は扇絵でした。

 

扇面は当時、公家・武家を通じて、上流階級の生活の必需品で、夏はもちろん、四季を通じて用いられました。また持ち運びに便でしたから、贈答品として杉原紙などと共に盛んに使用され、公家の日記、武家の書状等に頻出します。消耗品で、需要は恒常、且つ永続的です。大部分は手描きの画扇ですから、かなり高価で、高級のものは1本20疋もしております。

その上、美麗な扇面は、この国の特産物として、海外にもかなり輸出されていますから、需要は相当に多い。製作工程は単純で、且つ小規模向きですから、窮迫の画師に、これに筆を執り、後に画工になり終わるものが少なくなかったことは、まさに然るべき所でしょう。

色紙や短冊の下絵、或は現に稀れに見られる豪華な連歌懐紙の下絵なども、この人たちの手になったでしょう。

 

既に赤井達郎教授も引用されていますが、言継卿記の永禄7年(1564)4月21日の条下に「泥絵の扇二丁に十二本出来、到」とあり、傍に「小川布袋屋」と小字で注してあります。

文中の泥絵は、当時の「扇の草紙」を見ても判りますが、濃い絵の具に泥を交ぜた、今日のいわゆる奈良絵で、小川布袋屋は、前後の文の続き合いから見て京都で、奈良とは考えにくい。も少し読み進みますと、同月22日の条に「布袋屋末広扇一本〈金墨絵〉到也」とあります。

末広扇はいわゆる中啓で、折り畳む扇、「金墨絵」とは白描の絵(筆者編チェスター=ビーティー=ライブラリー目録No.49・50、特に51の下部の絵参照)の如きであろうと想像されます。さらに23日には、

「土佐刑部大輔に申付之扇〈末広両金十疋半一本〉三本、以上四本出来、到」

と価格までハッキリ書いております。両金は表裏に金の意です。年代から推して、この土佐刑部大輔が光吉であることは確実。堺へ下る数年前に、すでに京都で、公家の注文で、1本「10疋ずつ」の価格で、画扇を描いています。

モ少し遡ったものを探しますと、実隆公記享禄2年(1529)8月2日の条下には、

「可遣大内之扇十本、土左狩野両人申付之、各五十疋手付遣之、又可遣宗茂之扇出来、代廿疋〈十疋先日遣之〉今日十疋遣之了」

の記事があります。享禄2年には、土佐の当主は光信(光吉の父)、狩野は元信、共に当代を代表する巨匠。大内は周防の大内義隆に当たります。光信も元信も、実隆の様な教養の高い、一代の貴紳から代金を受けて、画扇を描き、しかも注文と同時に、手付金として半額を受けていたことが証されます。

やや日を隔てて、8日には「土佐将監扇三本出来……」、12日には「……狩野扇、絵所(即ち光信)扇等各出来、則代物遣之」と見えております。

 

少し時代は下りますが、慶長頃の画扇の原物が、チェスター=ビーティー=ライブラリーに蔵されております。同目録41ページの図版を御参照下さい。雅楽図を描いたもので、純然たる大和絵ですが、色調は奈良絵にソックリで、古奈良絵の一類と申してもよいでしょう。

当時製作された「扇の草紙」の写本は、まれに坊間にも見かけます。これは元来は扇の見本帖だったのではないでしょうか。

又慶長頃から寛永頃にかけて、「扇の草紙」の版本が数種印行されております。扇の絵は、奈良絵にソックリです。嵯峨本の方は、用紙は五色紙、絵は無彩ですが、構図のとり方、線の運びは、奈良絵そのままと申して良いでしょう。

 

画扇から、奈良絵の絵巻・冊子までは至近の距離で、扇形の絵を長方形に書き改めれば、すぐに絵巻・冊子の挿絵に変ります。もうここに至れば、戦乱と生活困難とを避けて、堺に下った土佐派の画かきたちが、奈良絵を描かなかったと想像することは困難であります。

当時は画扇の上手(じょうず)のものは、前述の様に注文生産でしたが、画扇よりもズッとヴォリュームのある奈良絵の絵巻乃至冊子も、若干の自家用生産を別にすれば、殆ど全部注文生産と推定すべきでしょう。当時の社会状態では、後述の如く、まだ需要はそう多かったとは考えられませんので、専業者が生ずる程ではない。

大部分は片手間の仕事で、需要の多い扇絵を描きながら、色紙や短冊の下絵もデザインする、注文者があれば奈良絵本も製作する、その様な生活を想像するのが自然の様に思われます。

 

2)後期(寛永以後)

一天下に恒久的な平和をとり戻した元和・寛永(1615-1644)以後(ここにいわゆる奈良絵本後期)には、京都は急に文華のかがやきを恢復する。慶長初年以後には、古活字版による書物の多量生産が京都に集中して、急激に発展する。

新興の京都の書籍商たちは、寛永の半ば頃からは、それまでの経験によって、古活字版よりは、むしろ整版を以て、営業上便宜、採算上有利、との判断に到達したらしく、整版が急増する半面、活字版の刊行は激減し、僅々10年ほどの間に、両者の優位は転換します。

正保(1644-1648)以後は、後者は出版界から殆ど姿を消します。200年ぶりに、永続する平和に恵まれた全国では、物資の生産は大きく伸び、交通は便を加え、読書人口は、月を追い年を逐って増加する。

書物の売れ行きは爆発的に拡大し、元和末・寛永初には、中野・村上・風月等、十指を屈し得るかに留まった書肆は、寛文(1661-1673)ころには200軒前後にも達し、書籍業界は急成長します。

 

奈良絵本に対する需要も増大しました。伊勢・竹取、あるいは文正・七夕など、さらに十二ヶ月草子などの様な、平均して需要の多い奈良絵本は、書肆の出資で、5部、10部、20部と、先々の売れ行きを見越して、商品生産(いくらか大量に)されるようになりました。

その範囲は漸を追って広がりますが、並行する注文生産の部門も盛行し、種類は殖え、数は増します。時あたかも寛永から元禄頃までの間は、幕府を筆頭に、有志の大名たちの蒐書が流行した時代で、飯田の脇坂安元、島原の松平忠房、加賀の前田綱紀、磐城平の内藤風虎、徳川光圀等の蒐集が今日にも伝えられて残っております。

それらは、京都で出版される版本を購入するのと歩調を合せて、公家の名族、或は古寺大社に乞うて、しきりに古書の新写に努力しております。勢いの及ぶところ、子女婚嫁の際の必要諸道具の一として、古典の華麗な絵入本を持参することが流行して、源氏の54帖、平家の30巻仕立(分巻)などの、前期には到底見られぬ大きなセットが、善美をつくして生産販売されるに至りました。

現在全国に散在し、又坊間に出現し、時には国外でも見られる、奈良絵本の総数は、恐らく3000乃至5000にも達するでしょう。筆者のこの半世紀間に属目するところだけで800乃至1000に近く、購得して調査したものも300種を超えます。それらの量及び質を綜合判断すれば、寛文時代に奈良絵本は全盛期を迎えたと断定してよい。その一端は、私のチェスター=ビーティーの目録にも見られます。

但しここでも盛期は永続せず、すでに延宝(1673-1681)ころから、ユックリとした歩調で下降の途をたどり、貞享から元禄(1684-1704)のはじめにかけて、漸次に衰歩を速めました。元禄半ば頃から急転直下、10年ほどの間に殆ど跡を断つにいたった状況は、寛永後半期の古活字版消滅の過程と似ております。

この間の生産者は、新興の京都の書肆だったでしょう。実際に書き又描いたのは、前期から引続いて扇絵の画工と並んで、大書肆に従属する奈良絵専門の技工・職人だったでしょう。数人で素朴な工房を組織していたろうとも想像されます。(つづく)


■著者:反町茂雄(1901-1991)

古書籍商 弘文荘(古書肆)店主。新潟県長岡市生まれ。東京帝国大学卒業。昭和2年、26歳で神田神保町の古書店一誠堂に勤務。昭和7年独立して古書肆弘文荘を創業し、多くの善本・稀書を蔵する天理図書館の蒐書事業に関わる。著書に『定本 天理図書館の善本稀書 一古書肆の思い出』(八木書店、1982年)、『蒐書家・業界・業界人』(八木書店、1984年)、『日本の古典籍 その面白さ、その尊さ』(八木書店、1984年)、『紙魚の昔がたり 昭和篇』(編著、八木書店、1987年)、『紙魚の昔がたり 明治大正篇』(編著、八木書店、1990年)、『一古書肆の思い出』(全5巻、平凡社、1986-92年)など。反町茂雄が作成した古書の販売目録『弘文荘待賈古書目』貴重書の内容・価格がわかる貴重な書誌学の資料。ジャパンナレッジLib『Web版 弘文荘待賈古書目』で配信中。


■本コラムの初出は、反町茂雄著『本の古典籍 その面白さ その尊さ』(1984年、八木書店)です。
https://catalogue.books-yagi.co.jp/books/view/2059

「奈良絵本私考」をのせる反町茂雄『日本の古典籍』


■関連イベント

【展示会】奈良絵本を見る!

新天理図書館善本叢書「奈良絵本集」刊行を記念し、個人蔵コレクションより厳選出品の展示会「奈良絵本を見る!」を開催いたします。(入場無料)

室町、安土桃山時代から江戸中期にかけて作られた彩色絵入りの奈良絵本。その数は5千点以上になると言われています。本展では、貴重な個人蔵コレクションから30点を厳選し、黎明期から末裔期まで、およその時代順に奈良絵本の変遷をたどります。原本をご覧いただき奈良絵本の魅力をお楽しみください。

 

<会期>2019年1月10日(木)~1月26日(土)
<展示会開催時間>10時~入場17時まで
<定休日>日曜・祝日※1/20(日)は臨時開催します(19時まで)
※入場無料です。
<場所>八木書店 古書部3階
住所:東京都千代田区神田神保町1-1階